購買部・喫茶部

購買部

MUSEUM SHOP

営業時間

10時~17時30分

定休日

月曜日(祝日の場合はその翌日)、展示替期間、
年末年始(長谷川町子記念館に準じる)

場所

長谷川町子記念館1階

※当面の間、入場券をお持ちのお客様のみ、ご利用いただけます。

長谷川町子記念館、一階、入ってすぐのところにミュージアムショップはございます。
記念館に残る、貴重な原画や、当時の資料をもとにつくられたオリジナル商品の数々。書籍、また、町子の作品に登場する、昭和の時代から今も使い続けられる優れた日用品なども、セレクトしました。
長谷川町子の描く日常の中にある、お洒落な感覚や、表紙絵などに代表される、その色使いなど、その魅力を再発見させてくれるものばかりです。
ここでは、数点をご紹介しますが、そのほかのアイテムについては、通信販売部のページに、写真入りで、詳しくご紹介していますので、そちらもあわせてご覧ください。

長谷川町子記念館 通信販売部

サザエさん アルミ弁当箱
¥3,080(税込)

 

 町子が活躍した昭和の時代には一般的だった、アルミ製のお弁当箱です。アルミ製の特徴は、時間が経った油汚れでもサラっと落ちやすく、しかもデコボコとした凹凸面がないため、雑菌や細菌の繁殖が他の素材のお弁当箱に比べて低いといわれている点です。
 また、その魅力はなんといっても軽さと耐久性でしょう。サビになりにくく丈夫で、使い込むほどに良さが出てくる、大切に長く使いたいお弁当箱です。
天面の絵柄は、行楽に向かうであろう、サザエさん一家のようすですが、蓋を開けてみると…
シルクスクリーン印刷を、蓋の裏側まで丁寧に施しています。
日本製
本体、フタ アルミニウム(アルマイト加工)
内フタ ポリエチレン(耐熱温度60度、耐冷温度マイナス30度)
※食器洗い機や電子レンジ、オーブンでのご使用は避けてください。

グッズ(一部)

サザエさん B2ポスター
¥1,650(税込)

サザエさん ほうじ茶 ティーバッグ
¥950(税込)
サザエさん ほうじ茶 茶葉
¥734(税込)

マチコさん ドライパパイア
¥972(税込)

喫茶部

MUSEUM CAFE

営業時間

10 時~ 17 時30分
(ラストオーダー17 時)

定休日

月曜日(祝日の場合は、その翌日)、
展示替期間、年末年始
(長谷川町子記念館に準じる)

場所

長谷川町子記念館1階

※当面の間、入場券をお持ちのお客様のみ、ご利用いただけます。

大きな窓からの光が美しいカフェは、デンマーク製の座り心地の良い椅子と、無垢のオーク材が贅沢に使われた家具。天井には、今回の為にカタチからつくられた琺瑯仕上げのオリジナルの照明器具が並び、とても心地の良い空間になっています。
100 年以上銀座で続く老舗喫茶店の豆を使ってドリップした深煎りのコーヒーや、町子が、好んで口にした事から着想を得た、下町の老舗のほうじ茶や、パパイアのお菓子などをご提供しています。 喫茶部のマグカップは、昭和の時代から日本でつくり続けられている厚手の磁器が使われ、それらひとつづつに、すべて違う町子作品の絵柄が、手作業で、焼き付けられている、記念館オリジナルのものです。( 非売品)
世界にひとつだけのマグカップで、特別な時間をお楽しみください。

ほうじ茶(ドライパパイア付き)

 この喫茶部をつくるにあたり、長谷川町子本人は、普段、何を飲まれていたのか、取材をしました。するとふたつ分かった事があります。まず、飲み物はほうじ茶一辺倒だった事。これはきっと、カフェインが含まれず、胃に負担も少ない身体への配慮もあっての事だったのかもしれません。そして驚きの事実、飲み物ではありませんが、町子は、ほぼ毎日、かかさずハーフカットのパパイアを食べていたそうなのです。あまりに驚いて、今回、宮崎県の無農薬パパイア農家特製の、ドライパパイアをおつくりしました。ほうじ茶と一緒にお試しください。ちなみにほうじ茶は、東京人形町で100年続く、ほうじ茶屋さんの茶葉をお分け頂いています。

¥400(税込) 
※入場券をお持ちで、店内でお召し上がりになるお客様
※お持ち帰りのお客様(ドライパパイアは付きません。)

メニュー(一部)

深くておいしい珈琲
¥350(税込)

※入場券をお持ちで、店内でお召し上がりになるお客様
※お持ち帰りのお客様

英国式ミルク紅茶
¥400(税込)

※入場券をお持ちで、店内でお召し上がりになるお客様
※お持ち帰りのお客様

パパイアサイダー
¥400(税込)

※入場券をお持ちで、店内でお召し上がりになるお客様
※お持ち帰りのお客様