トップ

    8月へ
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
1415161718
19
20
2122232425
26
27
28293031  

利用案内

現在休館中です。

開館時間

10時〜17時30分(受付締切16時30分)

休館日

月曜日(祝日の場合は、その翌日)、展示替期間、年末年始

入館料(税込)

一般900円(800円)
65歳以上800円(700円)
大学生・高校生500円(400円)
中学生・小学生400円(300円)

()内は20名様以上の団体、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者

上記料金にて美術館と記念館の両方をご覧いただけます。

交通案内

MAP
長谷川町子記念館 長谷川町子美術館

所在地

〒154-0015

東京都世田谷区桜新町1-30-6

電話番号

03-3701-8766

アクセス

東急田園都市線 桜新町駅下車 徒歩7分 

東急バス 桜新町1丁目下車 徒歩1分

・目黒駅←→弦巻営業所(黒07)

・都立大学駅北口←→成城学園前(都立01)


  • 開館および新型コロナウイルス感染症対策について

    長谷川町子美術館・記念館は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、開館を延期しておりましたが、7月11日(土)に開館の運びとなりました。
    また、関係機関から情報の収集に努めるとともに、以下の対策を行います。

    ・一度に多くのお客様が集中しないように入館者制限を行います。
     10時~11時 50人まで受け入れ
     11時~12時 50人まで受け入れ
     12時~13時 50人まで受け入れ
     13時~14時 50人まで受け入れ
     14時~15時 50人まで受け入れ
     15時~16時 50人まで受け入れ
     16時~16時30分 50人まで受け入れ(受付締切16時30分)

     ※入館受付(チケットの販売)は美術館のみで行います。
     ※入館のお客様全員に整理券を配布いたします。(9時50分より配布開始)
     ※整理券の配布状況によっては、ご入館いただけない場合もございます。

     ご来館の日時が記載されておりますので、お客様ご自身の行動履歴を把握するため、必ずお手元に保存してください。

     ※館内の混雑状況により入館受付締切時刻を早める場合がございます。

    ・エントランス、受付、館内の各所にアルコール消毒液を配置し、お客様にご利用いただけるようご案内いたします。
    ・タッチパネルや手すりなど、多くのお客様がお手を触れられる箇所は、15分おきに係員が消毒液による清掃を行います。
    ・展示室内に空気清浄機を設置します。
    ・空調による換気を徹底いたします。(24時間換気)
    ・スタッフはマスクやフェイスシールドを着用のうえでご案内いたします。また、こまめな手洗い、手指の消毒を励行するとともに、健康管理に努めます。
    ・記念館のロビーおよびショップエリアは、当面の間チケットをお持ちの方のみ入場が可能です。
    ・カフェは、状況により休業させていただく場合もございます。

    【ご来館の皆様へのお願い】

    以下のお客様につきましてはご来館をお控えいただきますようお願いいたします。
     ●体調がすぐれないお客様
     ●発熱、咳、くしゃみなど風邪の症状があるお客様
     ●身近に新型コロナウイルス感染症の感染者もしくは感染の可能性のある方がいらっしゃるお客様

    ・マスクをご用意できるお客様は、マスクの着用をお願いします。また、マスクをお持ちでない方は、ハンカチなどで口や鼻を覆う、上着の内側や袖で覆うなどの咳エチケットにご留意頂き、周りのお客様に飛沫をとばさないようご配慮をお願いします。
    ・入口で検温を実施いたします。(37.5℃以上の方はご入館いただけません)
    ・館内は、前後のお客様との距離(2m、最低1m)を保ちながら、ご鑑賞いただけますよう、お願いします。
    ・館内での会話はお控えください。
    ・当面の間、団体のお客様の受け入れはいたしません。




  • 開館日は調整中

    緊急事態宣言解除の報を受け、当館ではスタッフとご来館の皆さまの安全を守るべく、館内の整備を進めているところです。
    つきましては準備が整いますまで、いましばらくの間、休館させていただきますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    開館日が決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。




  • 開館延期のお知らせ

    先般お知らせの通り、一般財団法人 長谷川町子美術館では、長谷川町子生誕100年を記念して、『長谷川町子記念館(現・長谷川町子美術館の分館)』を、来る2020年4月28日(火)にオープンする予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点、及びご来館のお客様の安全と健康を考慮し、開館を延期させていただくことにいたしました。
    日々刻々と変わる情勢を鑑み、

    『長谷川町子美術館・記念館』開館日につきましては、
    後日改めてお知らせいたします。

    この度の新型コロナウイルスに罹患された皆様と感染拡大による影響を受けられている皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い回復と事態の終息を願っております。開館に向けてお客様が安心してご利用いただける館内環境づくりに尽力してまいりますので、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。




  • ただいま長期休館中です

    改修工事のため、現在休館しています。
    売店、および通信販売も休止しています。
    ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    休館期間:2019年12月26日(木)~未定



ごあいさつ

長谷川町子(1920-1992)は、「サザエさん」や「意地悪ばあさん」などの漫画で得た収益で、昭和30年頃から姉の毬子と美術品・工芸品の蒐集を始め、1985年11月3日に長谷川美術館をオープンいたしました。当初は蒐集した美術品の展示が中心で、自分の作品は一切展示を考えておりませんでしたが、多くのファンからの熱い要望もあり、美術館の一角を町子コーナーとして、漫画原画や陶人形などの展示を行ってまいりました。1992年、長谷川町子亡き後は、館名を長谷川町子美術館と改め、姉の毬子が館長として、美術品蒐集を継続しておこなってまいりました。その姉も、2012年1月29日に亡くなり、長谷川姉妹によるコレクションは、この時点で終結したと言ってよいでしょう。こうして集められた作品は、日本画311点、洋画250点、工芸品195点、彫塑32点の総数788点にのぼり、年数回の収蔵コレクション展にて皆さまにご覧いただいております。町子自身の作品も、収蔵コレクションの展示にあわせて展示替えを行ってまいりましたが、スペースに限りがあり、十分な展示が出来ずにおりました。そんな中、幸運にも美術館のそばの土地を入手するに至り、当館としてはかねてからの念願でもあった長谷川町子記念館への夢が、にわかに膨らんでいったのでした。

そして2020年、長谷川町子生誕百年を迎え、美術館分館として、長谷川町子記念館をオープンする運びとなったのです。長谷川町子美術館の方は、長谷川姉妹のコレクションを展示する場として今後も収蔵コレクション展を開催しつつ、こちらの記念館では長谷川町子の世界を存分に楽しんでいただけるような空間作りを目指し、ここでしか見ることのできない、長谷川町子作品の貴重な原画資料の数々を様々な角度からご紹介してゆくつもりです。

長谷川町子美術館は、長谷川町子生誕百年を節目に、また新たな歩みを進めてまいります。

私と美術館

当美術館にまつわる話を長谷川町子が描き下ろした漫画のご紹介です。

長谷川町子について

西暦年齢町子をとりまく出来事
1920年0歳1月30日、佐賀県小城郡東多久村(現・多久市東多久町)に生まれる
父・長谷川勇吉、母・サタの三女
長女・毬子は大正6年8月8日生まれ、次女・美恵子は大正7年10月 15日
生まれ
父は三菱炭鉱の技師から独立してワイヤーロープの会社を営んでいた
1922年2歳一家は福岡県福岡市大字住吉に転居
1924年4歳6月、次女・美恵子死去(享年5)
1925年5歳11月、四女・洋子誕生
1926年6歳4月、福岡市立春吉小学校に入学
1932年12歳3月、福岡市立春吉小学校卒業。4月、福岡県立福岡高等女学校(現・福岡中央高校)入学
1933年13歳3月3日、父・勇吉死去(享年50)
1934年14歳一家で上京、山脇高等女学校3年に編入。「のらくろ」で有名な漫画家・田河水泡に入門
同じ頃、姉・毬子は洋画家・藤島武二に弟子入りし、川端画塾に通う
1935年15歳『少女倶楽部』10月号にデビュー作「狸の面」を発表
1936年16歳3月、山脇高等女学校卒業、田河水泡の内弟子となるが、ホームシックに耐え兼ね一年で自宅に戻る
12月、『東京日日新聞』日曜版に「チャッピーフーチャン」連載
1937年17歳10月、『講談社の繪本』に「オテガラポンチャン」掲載、以降1942年まで延べ20回掲載
1939年19歳3月、『国民新聞』で「ヒィフゥみよチャン」連載。小学館の学年誌に漫画掲載(〜1943年)
1940年20歳『少女倶楽部』1月号より「仲よし手帖」連載(〜1942年12月号)
1941年21歳2月、『週間アサヒグラフ』に「翼賛一家大和さん」連載
1942年22歳4月、『翼賛漫画進メ大和一家』に3作品掲載
1944年24歳3月、福岡に一家で疎開。7月、西日本新聞社に入社、編集局整理部絵画係に配属
1945年25歳11月、西日本新聞社を退社
1946年26歳4月22日、『夕刊フクニチ』で「サザエさん」連載開始
8月22日、サザエさんが東京に社会科見学に行き、連載の終了を告知する漫画掲載
福岡の家を売却し、一家で再び上京。世田谷区新町三丁目に住む
8月31日、『夕刊北海タイムス』に「サザエさん」連載開始
12月、姉妹社を設立
単行本『サザエさん』(B5判・横綴じ)刊行。初版発行日は縁起をかついで1947年1月1日とした
1947年27歳1月3日、『夕刊フクニチ』で「サザエさん」連載再開(〜5月8日 ※サザエさんの花嫁姿で最終回)
10月25日、『夕刊フクニチ』で「サザエさん」連載再開(〜11月5日※町子病気のため、やむなく中止)
1948年28歳2月6日、『夕刊フクニチ』で「サザエさん」連載再開(〜6月21日)
3月、『漫画少年』で「サザエさん」連載開始
11月17日、『夕刊フクニチ』で「サザエさん」連載再開(〜1949年4月4日)
11月21日、『新夕刊』で「サザエさん」連載開始(〜1949年4月2日)
この年、初の「サザエさん」実写映画化(マキノ映画制作・松竹配給、主演・東屋トン子「サザエさん七転び八起きの巻」)
1949年29歳『少女』2月号より「仲よし手帖」連載開始(〜1951年8月号)
12月1日創刊の『夕刊朝日新聞』で「サザエさん」連載開始(~1950年12月31日)

1951年31歳1月、『こどもクラブ』で「わかめちゃん」連載開始(~1954年8月号)
4月16日、『朝日新聞』朝刊で、「サザエさん」連載開始(~1974年2月21日)
1955年35歳1月4日、ニッポン放送でラジオドラマ「サザエさん」放送開始(~1965年4月、主演・市川寿美礼)
KRテレビ(現TBS)で「サザエさん」放送開始、漫画をそのまま映し、声だけをつけた
1956年36歳12月、東宝が映画「サザエさん」制作・配給(監督・青柳信雄、主演・江利チエミ)。全10作のシリーズとなる
1957年37歳『サンデー毎日』1月6日号より「エプロンおばさん」連載開始(~1967年7月25日号)
『若い女性』1月号より「サザエさん」連載開始(~1959年1月号)
1960年40歳3月22日より、病気療養のため『朝日新聞』朝刊で「サザエさん」休載
1961年41歳10月15日、『朝日新聞』朝刊で「サザエさん」連載再開
1962年42歳5月、「サザエさん」と「エプロンおばさん」で第八回文藝春秋漫画賞を受賞
1964年44歳7月、初の海外旅行、ヨーロッパ各国を旅する
1965年45歳11月、TBSでドラマ「サザエさん」放送開始(~1967年9月26日、主演・江利チエミ)
1966年46歳『サンデー毎日』1月2日号より「意地悪ばあさん」連載開始(〜1971年7月18日号)
1967年47歳9月26日、日本テレビでドラマ「意地悪ばあさん」放送開始(~1969年9月25日、主演・青島幸男)
この年、胃の手術を受ける
1969年49際10月5日、フジテレビでアニメ「サザエさん」放送開始
1974年54歳2月21日、『朝日新聞』朝刊で「サザエさん」連載終了
1976年56歳10月13日、「サザエさんえほん」シリーズ第1巻を発行(全9巻を順次発行)
1978年58歳4月23日、『朝日新聞』日曜版で「サザエさんうちあけ話」連載開始(~11月12日号)
1979年59歳4月、NHK朝の連続テレビ小説「マー姉ちゃん」(原作「サザエさんうちあけ話」)放送開始(〜9月)
1982年62歳11月、紫綬褒章受章
1985年65歳11月3日、財団法人長谷川美術館開館
1987年67歳3月22日、『朝日新聞』朝刊に「サザエさん旅あるき」連載開始(~8月31日号)
6月13日、母・サタ死去(享年91)
7月25日、サザエさん通り(桜新町商店街)誕生
1988年68歳2月、第四回東京都文化賞受賞
1990年70歳4月、勲四等宝冠章受章
1991年71歳第二十回日本漫画家協会賞・文部大臣賞受賞
1992年72歳5月27日、町子、心不全のため死去(享年72)
7月、国民栄誉賞受賞
11月、「長谷川美術館」から「長谷川町子美術館」に名称変更
1993年4月、姉妹社解散
1997年4月、朝日新聞社より『長谷川町子全集』(全33巻、別巻1)刊行
1998年朝日新聞社より『長谷川町子思い出記念館』刊行
2010年7月17日、世田谷文学館開館15周年記念「みんなのサザエさん展」開催(〜9月12日)
2012年1月29日、姉・毬子死去(享年94)
3月25日、桜新町駅周辺にサザエさん一家の銅像設置
5月27日、サザエさん通り(福岡市)誕生
9月29日、横山隆一記念まんが館開館10周年記念「横山隆一・長谷川町子二人展」開催(~11月25日)
2013年4月27日、新潟市美術館「サザエさん!展〜長谷川町子とその時代〜」開催(〜7月15日)
2014年5月20日、福岡市博物館「サザエさん展 長谷川町子とその時代」開催(〜7月13日)
2016年4月、美術館「えき」KYOTOで「サザエさん生誕70年記念 よりぬき長谷川町子展」開催、その後ひろしま美術館(7月~8月)、板橋区立美術館(8月~10月)、松坂屋美術館(2017年4月~5月)を巡回
2017年1月29日、サザエさん商店街通り(福岡市)誕生。銅像設置(福岡市)
2019年10月5日、アニメ「サザエさん」放送50周年
11月、アニメ「サザエさん」が「世界で最も長く放送されたテレビアニメ番組」としてギネス世界記録更新
2020年長谷川町子記念館開館